Six Secondsコラム【子供たちに教える『成長型マインドセット』の9つの方法】

子供たちに教える『成長型マインドセット』の9つの方法
-9 Ways to Teach a Growth Mindset to Kids-

自分の子供たちに幸せになって夢を叶えて欲しいと誰もが思いますよね?
『成長型マインドセット』を養うことはより大きな幸せや成功を掴むのに深く関わっています。
『成長型マインドセット』とは、知能や能力は努力と正しいやり方でより良くなると言う考え方です。
ではその逆は何でしょうか?それは『固定型マインドセット』で知能や能力はほとんど変動しない、変わらないと言う考え方です。

これから子供たちに『成長型マインドセット』を身につけてもらう9つの方法をご紹介します。

1.脳がどう機能しているかを教えましょう
子供たちが脳の働きや成長について学んだ時、これが『成長思考』を育てる第一歩です。

2.2つの思考のコンセプトを教えましょう
『成長型マインドセット』と『固定型マインドセット』の基本的な違いを教えていると、子供たちはその違いを物語の登場人物や他人、そして自分自身の中で認識し始めます。

3.『成長型マインドセット』のモデルになる
一番の方法は言葉でどんなに説明するよりもあなた自身が『成長型マインドセット』を育てることに取り組むこと。子供たちは大人たちを観察して自分たちの行動や考え方を学びとって行きます。より効果的な方法はあなたが何かにチャレンジする時、自分の考えを子供たちに聞こえるように声に出して言うことです

4.自分の苦闘や努力を見せること自分の失敗を子供にいつも隠していると『成長型マインドセット』のお手本にはなれません。
自分の苦闘や努力を見せることが、子供たちの人生の糧になるのは間違いありません。

5.魔法の言葉を添えましょう
「“まだ”読めない」「“まだ”纏められない」「“まだ”乗れない」”まだ”の魔法の一言を添えるだけで見通しが明るくなります。

6.結果よりも努力を誉める
誰が見ても変わらない結果を誉めるのではなく、子供たちが注いだ努力について褒めましょう。

7.レッテルを貼らない
ポジティブなものでも、ネガティブなものでもレッテルを貼るのは『固定型マインドセット』に繋がります。

8.ネガティブな独り言を置き換える
自分の助けにならない独り言に気が付いたら、ポジティブな言葉で置き換えることを教えよう。

9.『成長型マインドセット』に関連のある本を読もう

  • Bubble Gum Brain by Julia Cook
  • Thanks for the Feedback, I Think by Julia Cook
  • I Knew You Could: A Book for All Stops in Your Life by Craig Dorfman
  • Making a Splash – Growth Mindset for Kids by Carol Reiley
  • Your Fantastic Elastic Brain: Stretch It, Shape It By JoAnn Deak
  • A Walk in the Rain with a Brain by Edward Hallowell
  • My Day Is Ruined! A Story Teaching Flexible Thinking by Bryan Smith
  • Sometimes You Win, Sometimes You Learn for Kids by John C. Maxwell
  • When Pigs Fly by Valerie Coulman
  • Rosie Revere, Engineer by Andrea Beaty

この9つの方法を使って子供たちが『成長型マインドセット』を身につける手助けをしてみましょう。

注)このコラムは許可を得て、Six Seconds社コラムを意訳しています。
  本文はこちらからご覧ください。