成長型マインドセットを学ぶこどもたち③

【You have only FAILED if you have GIVEN UP.】
     諦めたとき、それは失敗に終わったことになる

こんにちは!編集長の杉山です。2019年も残すところあと1カ月。
アメリカはいよいよ本格的なホリデーシーズンの到来で街が賑やかになってきました。
12月も子供たちにとっては自己肯定感の上がりそうなイベントが多いので、その情報もまた共有させて頂ければと思っております。

さて、長女の学校で行われる毎朝の【成長型マインドセット】の時間は継続中です。
10月も刺激的なセンチメントでのスタートでした!
【You have only FAILED if you have GIVEN UP.】=諦めたとき、それは失敗に終わったことになる

10月の週間ラインナップはこちらでした。
Week8: Achievement=達成、成果
資料の中に元アメリカ大統領John. F. Kennedyの言葉がありました。
「Only those who dare to fail greatly can achieve greatly」
               =大きな失敗を恐れない者だけが、偉大なことを成し遂げる

Week9: Overcoming Obstacles=障害の克服
Obstacles(障害)とは成長型マインドセットがある人にとっては自分の成長そして学びを助けてくれるもの、ただ解決方法がまだ分からないものだと感じられるようになるということ。
この週にピックアップされていたのは片腕のサーファーBethany Hamiltonでした。
彼女のストーリーは映画『ソウルサーファー(英語名:Soul Surfer)』にもなっているのでご存知の方も多いかもしれませんが、13歳でイタチザメに襲われ片腕を失った彼女が事故のトラウマを乗り越え1カ月後には復活した話が書かれていました。
ここから学べることは何なのか、自分の考えを書き出すのがこの週の課題です。

Week10: Learning From Your Mistakes=失敗から学ぶ
この週のピックアップは日ごろ真面目な感じの人物や言葉の紹介が多い【成長型マインドセット】の時間の中で、ちょこっと笑えるストーリーが入っていました。
ポテトチップの発祥の歴史をご存知ですか?
ポテトチップスはGeorge Crumと言う男性の失敗から出来た産物だったそうです!
「失敗してもいいんだよ!」「失敗がこんな豊かな成功を生み出すんだよ!」そんなメッセージを子供たちも受け取ったように思います。ザ・アメリカなピックアップでした!

Week11: Commitment=責任、公約
責任を取る、公約するということはその物事、人や状況に対して献身すると言うこと。
アメリカンドリームを成し遂げた俳優であり映画監督であるTyler Perryを例に利益をかえりみずに真向に自分の道を突き進んできた彼の姿から学ぶ【成長型マインドセット】も興味深いものでした。

Week12: Making Improvements=向上して行くこと
ここでは初めてマインドマップにして自分の成し遂げてきたこと、改善、向上してきたこと、したいことを書き出していました。
まだまだ素直な4年生。視覚化することで自己肯定、向上心が上がりそうです。

10月も多分野のピックアップストーリーから心の持ち方をしっかり学んできたように思います。
アメリカに再渡米して4カ月。
長女気質か、私の育て方の問題か、慎重で繊細な娘が【成長型マインドセット】の時間のおかげもあり、解放的でポジティブになってきたなと感じております。
そして私にとってもこの資料を通して彼女の内面を垣間見れる良い機会になっています。